本文へジャンプ
カテゴリ Categories

スタッフ紹介

☆スタッフ紹介☆

看護師の小島です。
私自身、お産を4回経験しましたが、振り返るととても充実した幸せな時間を過ごすことができました。
子供達も、大分大きくなりましたが、子供の成長は大きな楽しみです。

現在、クリニックの患者様の出産に関わることで、又、幸せな時間を共有させてもらうことができ、うれしく思います。
これからもがんばりたいと思います。よろしくお願いします。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

☆スタッフ紹介☆

皆さん、こんにちは(^-^)今回は、スタッフの紹介をさせて頂きます。
助産師の藤井あゆみと申します。

大阪の出身で、14年前に自然豊かな土地で暮らしたいと夫と共に長野県へ移住してきました。
清涼感のある空気、冷たい水、美味しい野菜、美しいアルプスの眺め・・・・・・豊かな自然の恵みに感謝の毎日です。

2人の子供は、自然出産で有名な吉村医院というところでお産をしました。
妊娠中は、ゴロゴロ、バクバク、ビクビクせず、よく笑い・よく歩き、しっかり体を動かしました。
それぞれ畳の上で、1人目は逆子でしたが自然分娩をし、2人目は助産師さんに手伝ってもらいながら、しゃがんだ格好で自分でとりあげました。

こちらでは、開院当初からお世話になっています。
まだ、子どもが小さいので週1回程度の当直のみをさせて頂いていますが、女性の生涯の中で数回しかないお産という命の営みに携われる喜びをいつも感じています。

どうぞ宜しくお願いします。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

こんにちは。
昨年に2月に出産し、育児休暇を頂いていましたが、今年の4月から復帰させて頂きました。
主に病棟で勤務させて頂いております助産師の池上と申します。
開院当初から在籍していたのですが、皆が通った自己紹介をすり抜けてしまい、
今になってしまいましたが、遅ればせながら自己紹介させて頂きたいと思います。

地元、駒ヶ根に産まれ、地元で育ち、進学で静岡の浜松で暮らしましたが、
やはり地元に帰ってきてしまいました。
それからは昭和伊南総合病院の産婦人科病棟で働いていましたが、産科の閉鎖に伴い
新生児の禁断症状(?)に苛まれていたところ、このクリニックが開院したため、
こちらに移ってまいりました。

自分の出産体験は割と安産の方だったと思いますが、お産の際に
「体をまっすぐにして!」
とか
「腰を浮かさないで!」
とか
「力抜いて!」
など、普段言っていたことを助産師さん達に言われ、自分の未熟さを痛感してきました。
ですから、お産の大変さはリアルに同感できると思います。
でも、それを乗り越えた時の嬉しさも知っているので、
これからお産される皆様にもぜひ実感して頂けるようにこれからもお手伝いさせて頂きたいと思います。
これからお産される皆さん、頑張りましょうね!
よろしくお願い致します。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

6月から勤めることになりました、看護師の大原美幸です。
下伊那郡豊丘村で生まれ育ち、現在飯田市在住です。

毎日、職場や行き帰りの通勤で豊かな自然に癒されながら通っています。
冬の事を考えると恐ろしいですが……

その頃には、安心して仕事を任せて頂けるよう頑張りたいと思います。

よろしくお願いします。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

こんにちは、助産師の今井純子です。生まれは北海道ですが、東京で助産師として働き、主人の転勤で伊那に来て早や27年が経ちます。

長野県はあこがれの地で、北アルプス、南アルプスなどを縦走しましたが、特に伊那谷は緑豊かな水のきれいな所で魅力的でした。この自然豊かな地で4人の子育てをしながら、眼科、内科の在宅、老人施設等で働き、老人の介護や見取りなど一生の最後をお世話させていただきましたが、又縁があって助産師として働く事になりました。

生まれるという出発の輝かしい瞬間に立ち合わせていただき、夢と希望をいただいています。皆様が無事出産されて、喜びあふれる笑顔で我が子を胸に抱きしめている姿を見ていると、又この仕事に出会えて良かったなと思います。

ご夫婦と生まれてきたお子様達の健康と幸せを願いながら、少しでも皆様のお手伝いが出来たら嬉しいなと思っています。宜しくお願いします。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン
駒ヶ根高原レディースクリニック オフィシャルサイト
駒ヶ根高原という、2つのアルプスに囲まれた自然あふれるすこやかな環境で、産婦人科から女性内科まで、女性の生涯の健康増進を目指しています。

フィード