本文へジャンプ
アーカイブス Archives

2015 6月

お知らせ

クリニックでは、7月4日に産前・産後ケアセンターの内覧会を行います。

会に伴い、多目的ホールとセンターのあそび場をご利用頂くことができません。
また、受診時の託児も行いませんので、予めご了承ください。

キッズルームはご利用して頂けますので、7月4日はそちらをご利用下さい

内覧会は、多くの方のご来院をスタッフ一同お待ちしております。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

☆7月の教室のご案内★

皆さん、こんにちは(*^_^*)助産師の犬塚です。

本日は、7月の教室のご案内をさせて頂きます。

☆家族学級☆
第1回(予定日が平成27年11月1日~11月30日の方)
  日時:平成27年7月9日(木) 13時~15時

第2回
  日時:平成27年7月2日(木) 13時~15時 
      (出産予定日が平成27年9月1日~15日の方)
            
     7月23日(木)13時~15時 
     (出産予定日が平成27年9月16日~30日の方)

持ち物―母子手帳・筆記用具・テキスト・おやつ代(500円)

☆マタニティ・アフタービクス☆
  日時:平成27年7月24日(金) 13時30分~15時30分

  参加費 1000円
 
  対象:妊娠14週以降~予定日前の方
      産後1ヶ月健診後の産後の方

  持ち物:室内用シューズ・タオル・水分補給に必要なもの

  託児(有料)にて行っております。
  お子さんも一緒に参加して頂けますが、託児に預けて頂いた方が、しっかりと体を動かせていただけると思います。
  
  講師:中村 美穂先生

☆ベビーマッサージ☆
日時:7月3日(金) 10時~11時30分

対象:ハイハイ前くらいまでの赤ちゃん

参加費:1000円(資料代、オイル代)

持ち物:バスタオル、防水シーツ、淀れても良い小タオル、
     赤ちゃんの水分補給に必要なもの(母乳のお母さんは会場で授乳可)

定員:親子20組程度(申し込み先順)

講師:金井 理紗さん

☆骨盤教室☆
日時:7月28日 14時~16時

参加費:1000円(さらし代込)

持ち物:母子手帳、バスタオル2枚、ズボンで動きやすい服装で

多くの方の参加をお待ちしております。
予約制になっておりますので、診療時間内に0265-82-1010までご連絡下さい

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

骨盤教室が開催されました。

今日は朝から気持ちのいい晴れ空だったのですが、
午後急に大雨が…。
ちょうど来て頂いたときにお天気が崩れてしまいました。
そんな中、4人の方にご参加いただきました。

あまり激しい運動はありませんが、筋を伸ばしたり骨盤を回したり
少しリフレッシュして頂けたと思います。
あまり場所や時間を選ばずにできる体操なので、ぜひやって見て下さいね。

今回頂いた感想をご紹介させていただきます。
・腹帯や運動について詳しくお話が聞けて良かったです。
・締めすぎていたので気を付けたいと思いました。
・正しい骨盤の固定の位置が分かりました。
・身体を動かせてとても気持ち良かったです。
・同じ妊婦さんと話ができて不安解消したり気分転換にもなって気持ちが楽になりました。
・無理のない動きなので安産に向けて毎日やっていきたいです。

ありがとうございました!
少しでもマタニティライフのお手伝いが出来たなら嬉しく思います。

皆さんの参加をお待ちしています。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

5・6月生まれの赤ちゃん

 梅雨ですね。雨に濡れて緑が鮮やかに見える綺麗な季節です。
洗濯物が乾かないのと虫が出始めているのは困ったものですが…。

先月から今月にかけて生まれた赤ちゃん達をご紹介します。P1020818
元気いっぱい!
産まれた直後の産声は本当にほっとします。
どんなに頑張って産まれてきてくれたか、お母さんも頑張ってくれたか思えば思うほど感慨深いです。

P1020679

P1020713

P1020755

健やかに、皆に愛されて育ってくれますように願っております。
掲載にご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

平成27年6月11日
不眠の患者様に本を買ってきました。

 不眠を訴える患者様はたくさんおられます。女性内科では、漢方を手として、生活改善の指導をさせていただいています。しかしながら、こまかいところまで話尽きないので、
なにか良い資料はないものかと考えていました。
 先日、抗老化学会へ参加したところ、なかなか気が利いた本が展示されていました。ど
ラウンジにおいておきますので、待ち時間にどうぞお読みください。

 睡眠が重要なことであるのは、だれにでもわかることですが、意外に「良眠」できる人は少ないようです。医療機関へ受診される方は、たいてい眠剤をもらうとそれで安心し、薬のみで終わってしまうことが多いようです。また、医師の方も、生活のこまごましたことの指導をしないのが普通です。しかし、なんでもそうですが、生活改善が一番大切です

良眠のために
  体内時計のリズムをくずさない
   1 早起きで朝の光を浴びる、毎日ほぼ同じ時間に起きる
   2 夜のテレビ、パソコン使用などやめる
     休む少し前より、部屋を暗くしてメラトニン分泌をさまたげない
   3 寝る前の2時間前には、食事をすます
   4 寝る1~2時間前の入浴
   5 寝酒はやめる
   6 夏は、高温多湿対策 扇風機、クーラーの使い方、氷枕の使用など
     冬は部屋の保温、暖かく寝れる工夫を 

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン
駒ヶ根高原レディースクリニック オフィシャルサイト
駒ヶ根高原という、2つのアルプスに囲まれた自然あふれるすこやかな環境で、産婦人科から女性内科まで、女性の生涯の健康増進を目指しています。

フィード