本文へジャンプ
アーカイブス Archives

2012 4月

GW♪

皆さん、こんにちは(^-^)助産師の犬塚です。

ゴールデンウィークになりましたね。
皆さんは、どこかにお出かけになったでしょうか?
妊婦さんは、必ず、母子手帳と保険証を持ってでかけましょう。
また、無理ない範囲ででかけてくださいね。

さて、クリニックのお休みですが、
5月1日・2日は通常どうり診察を行っております。
予約外の方も受け付けさせていただきますが、予約の方が多くいらっしゃいますので、お待ち頂くことになります。
予めご了承ください。

5月3日~6日は外来診察はお休みさせて頂きます。
休日中は、現在診察されている妊婦さん、産後の方の対応とのみとさせていただきます。
お腹が張る・出血がある・おっぱいが詰まってしまったなど何かございましたら
℡0265-82-1010へ、まず、ご連絡下さい。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

貧血について

皆さん、こんにちは(^O^)/助産師の犬塚です。
外は、すっかり春模様で、満開の桜がきれいですね。

さて、今回は、貧血についてお話させて頂きます。

<原因>
①妊娠経過とともに、血液が薄まった状態になります。
②赤ちゃん自身も大きくなるにつれ血液をたくさん作るため、鉄がたくさん使われるので鉄分が不足します。

<症状>
症状が出ない場合がほとんどですが、以下のような症状が出る方もいらっしゃいます。

・息切れや動悸
血液中のヘモグロビンは、赤血球の中で酸素を吸いつけて運ぶ大切な役割をします。
貧血の場合、このヘモグロビンの量が少なくなるので、お母さんは少ないヘモグロビンで、おなかの赤ちゃんへ酸素を運ぶため、お母さんの心臓の負担がかかるので、息切れや動悸の原因となります。

上記の状態がさらに悪化すると、体全体が酸素不足になるため、
・立ちくらみ
・疲れやすい
・足がむくみやすい
・手足が冷える
・頭痛         といった症状もみられる方もいらっしゃいます。

お産の最中の出血の量は、個人差がありますが出血が起こります。妊娠中貧血だった方はお産後も貧血になりやすいため、母体の回復も遅れがちになったりすることもあります。

母体が貧血状態でもおなかの赤ちゃんは、母体から鉄分を吸収していきますので、お母さんが貧血気味でもすぐにおなかの赤ちゃんに影響はありません。

<治療>
妊娠初期(10週前後)・中期(28週頃)・後期(36週頃) 採血を行い貧血の検査をします。

医師より貧血と診断された場合には、鉄剤の処方や注射による鉄剤の投与を行います。
鉄剤が処方され内服した際に、気分不快がある、胃痛がする、便秘がひどくなったなどありましたら申し出るようにしましょう。

<鉄分を不足させないポイント>
妊娠中貧血になりやすい状態ですので、鉄分の多い食事をとる様にしましょう。
①鉄分は豚レバーや牛レバーの他に、ほうれん草・ゴマ・小豆・大豆・海藻類・きくらげ・小魚・ソバなどに多く含まれます。
②たんぱく質は血液を作る基礎成分です。
 銅・ビタミンB1・B2・B6、葉酸は血液を造る作用があります。
③偏食せず、動植物性たんぱく質や鉄分、ビタミンを含む食品を組み合わせて食事をとる様にしましょう。

貧血について、何かございましたら、ご遠慮なくご質問下さい。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

骨盤セミナー

今日はとても暖かく、春らしい一日でした。
クリニックでは骨盤セミナーが行われました。今回も好評でした!
参加した方の感想です♪
・骨盤の位置をあまり意識したことがなかったので、とても勉強になり、今後も意識して生活していきたいと思います。
 トコちゃんベルトの巻き方が間違っていたので、正しい巻き方で今後使おうと思いました。呼吸法も学べてよかったです。
・少人数だったので色々と相談にのってもらえて良かったです。
 出産前にやっておいて良かったです。イメージが持てました。(おやつ)ごちそうさまでした。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

子宮頚癌ワクチンについて

皆さん、こんにちは(^-^)助産師の犬塚です。
今日は、子宮頚癌のワクチンについて、ご案内させて頂きます。

子宮頚がんとは、子宮の出口付近である子宮頚部にできる癌です。
子宮頚がんは、遺伝に関係なく、HPV(ヒトパロマーウイルス)というウイルス感染によって起こります。
このウイルスは性交渉により人から人へ感染します。
発がん性のあるHPVには、女性の約80%が一生に一度は感染していると推定されています。このため、性交渉経験のあるすべての女性が子宮頚癌になる可能性があります。

子宮頚がんは、近年、20代後半から30代の女性に急増し、発症率が増加傾向にあります。
現在では、がんによる死亡原因の第3位です。特に20代から30代の女性においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。

子宮頚がんの予防ワクチンは、発がん性HPVの中でも特に子宮頚がんの原因として最も多く報告されているHPV16型と18型の感染を防ぐワクチンです。
感染を防ぐために3回のワクチン接種を行います。このことにより、発がん性HPVの感染から長期にわたって感染を防ぐことができます。
しかし、このワクチンは、すでに今感染しているHPVを排除したり、子宮頚部のがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐワクチンです。

クリニックでも、予約制でワクチン接種を行っております。
市町村より通知がきますので、通知にそって接種を行って下さい。
予診票を受け取りましたら、電話(82-1010)へご連絡下さい。
平日の15時~16時が接種を行っている時間となります。

ご質問等ございましたら、お問い合わせ下さい。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

☆5月教室のご案内☆

皆さん、こんにちは(^-^)助産師の犬塚です。
だいぶ、外も春らしく暖かくなってきましたね。

今回は、5月の教室のご案内をさせて頂きます。

♪家族学級♪
・第1回(前期) (予定日が9月1日~9月30日の方)
 日時―5月17日  13:00~15:00

・第2回(後期)
 日時―5月10日(予定日が7月1日~7月15日の方が対象です)
     5月24日(予定日が7月16日~7月31日の方が対象です)
     13:00~15:00

持ち物―母子手帳・テキスト・筆記用具

料金―お茶・お菓子代として¥500

♪ベビーマッサージ教室♪
対象:ハイハイくらいの赤ちゃんとママ

参加費:1000円(資料・オイル代込)

日時―5月11日 10:00~11:30
※今回は、第2金曜日となっております。お間違えないようにお願いします。

持ち物―バスタオル・防水シーツ・汚れても良い小タオル(あれば、布オムツ)
     赤ちゃんの水分補給に必要なもの(母乳のお母さんは会場で授乳可)

講師は金井理沙さんです。

♪骨盤教室♪
日時―5月22日 14時~16時

参加費-1000円(さらし代込み)

対象―妊娠14週~お産直前までの妊婦さん

持ち物―母子手帳・バスタオル2枚・ズボンで動きやすい服装で

各教室は、予約制となっておりますので、興味のある方はぜひご連絡下さい(^-^)
スタッフ一同お待ちしております。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン
駒ヶ根高原レディースクリニック オフィシャルサイト
駒ヶ根高原という、2つのアルプスに囲まれた自然あふれるすこやかな環境で、産婦人科から女性内科まで、女性の生涯の健康増進を目指しています。

フィード