DSC03132大雨をもたらした台風6号が関東を通過しました。
一昨日、たまたま東京に出張していた私は、夕方6時のあずさで帰ろうとしたところ、たいした雨がふっているわけでないのに、30分走った八王子で止まってしまい、電車はてこでも動かないがごとく、ぴたっと止まってしまいました。
駅前にあったホテルをみつけ、一泊しましたが、次の日もあずさは動かず、東京まで出て、新幹線の長野周りで塩尻まで出た後、車を1時間運転して、やっと駒ケ根までもどってきました。

よくしたもので、そういう時に限って何十年も読んだことのない小説を持ち歩いていたので二日間読書三昧でした。
読んだ本が白山三郎の
「無所属の時間を生きる」
でした。
どこにも所属しない人生こそ、何が大切なのか、今どのようにいきたら良いのかが逆にわかるという趣旨だったとおもいます。

私も「無所属の時間」を経て、現在は「駒ヶ根高原レディスクリニック」に所属していますが、本当にそのとうりだとうなずきながら、読みふけりました。

空白の二日間は、もじどうり、「無所属の時間」でありました。