本文へジャンプ
アーカイブス Archives

2011 7月

胎動について②

皆さん、こんにちは(*^_^*)  助産師の犬塚です。

前回胎動についてお話させて頂きました。続いて今回は、胎動で気をつけて頂きたいポイントをお話させて頂きます。

妊娠10ケ月にはいると、赤ちゃんの睡眠サイクルは、20~30分周期で寝たり起きたりを繰り返しています。
そのため、胎動を感じる時と感じない時があります。
いつもと違うと感じるようでしたら注意をしましょう。

①動く位置が変わった時
 今までおなかの上のほうで動いていたのに、下の方で動くようになったなど、胎動の位置が変わった場合は、逆子になったり、逆子か 
 ら頭が下向きになった可能性があります。すぐに診察の必要性はなく、次の健診まで様子をみてください。

②動きが小さくなった時
 臨月にはいると、赤ちゃんが大きくなり、子宮に動き回れるスペースが少なくなるために、胎動が小さくなったように感じることがありま
 す。なかには、産まれるまで胎動が盛んなお子さんもいらっしゃいます。胎動が小さくなっても、感じる頻度が変わらなければ、様子み
 るようにしましょう。

③半日以上胎動がない時
 半日以上胎動がない場合は、赤ちゃんに何かトラブルが起こっている可能性があります。早めに受診するようにしましょう。

<胎動カウントについて>
自宅にいながら、赤ちゃんの元気度をチェックできる方法です。
方法は、赤ちゃんが起きている時におなかに手を当てます。そして「30分間に何回動くか」を数えます。
3回以上感じることができたら、心配はありません。
1回も感じられなかったら注意が必要です。しばらく様子をみて胎動を感じないようであれば、連絡するようにしましょう。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

マタニティエアロリフレッシュ教室より

DSC00013

駒ヶ根高原レディースクリニックを受診中の妊婦さん、こんにちは。
お元気ですか?
当院で妊婦さん向けの運動教室を担当しています助産師の宮澤です。
今回は、普段行っているマタニティエアロリフレッシュ教室の様子をご紹介させていただきます。
この教室のモットーは
【♪適度に運動して体スッキリ!&ティータイムのおしゃべりで気持ちリフレッシュ♪】
です。
「安産のために運動したい人」
「体をほぐして肩こり、腰痛、むくみなどを治したい人」
「運動初心者さん」
「妊婦のお友達を作りたい」
「いろんなお話をしたいなぁ、聞きたいなぁという人」
どんな方も、参加大歓迎です!
運動前には赤ちゃんの心臓の音を聞いて、赤ちゃんの元気さを確認します。(心音を聞くと安心しますね。)
運動では“かんたんエアロビクス”“安産体操(出産体位の練習、呼吸法、リラックス法”などを行います。
運動+αのお楽しみは、何といってもこれ!
手作りお菓子をいただきながらのおしゃべりです。
日頃、ちょっと気になる体のこと、家族のこと、出産・子育てのこと・・・あれやこれや、妊婦さん同士で会話が弾みます。
 【 妊婦さんがニコニコ笑って穏やかに過ごすことは、お腹の赤ちゃんにとっても、妊婦さんご自身にとっても、とても大切なことです 】
 一緒に体を動かし、おしゃべりをし、“楽しい・嬉しい時間”を過ごしましょう!

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

骨盤教室開催しました。

みなさん、こんにちは。
駒ヶ根高原レディスクリニックです。

本日は当院の助産師が骨盤矯正教室を開催しました。
ご参加いただいた方の感想を一部掲載させていただきます。

「腹式呼吸は何回も繰り返すうちに慣れてきて心地よくできるように何度もやってもらってよかった。」
「さらしを安産祈願の時頂いたのですが、どう巻いたらいいのかわかりませんでした。市販の腹帯よりぴしっと締まる感じが心地よかったのでもう少し早く知りたかったです。」
「骨盤や呼吸を意識することで自分の姿勢も随分変わったので驚きました。」
「今まで早産予防で安静と言われていたのですが、やっと37週に入るのでこれからは今日習った方法でウォーキングも行いたいと思います。」

上記のような感想がありました。
もっと早く気付けばよかった、と感想を持った方がいらっしゃいました。
もしお知り合いでお産を控えている方がいらっしゃればぜひ当院の骨盤矯正セミナーをご紹介下さい。
随時申し込みを受け付けております。

駒ヶ根高原レディスクリニック
TEL:0265-82-1010

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

無所属の時間で生きる

DSC03132大雨をもたらした台風6号が関東を通過しました。
一昨日、たまたま東京に出張していた私は、夕方6時のあずさで帰ろうとしたところ、たいした雨がふっているわけでないのに、30分走った八王子で止まってしまい、電車はてこでも動かないがごとく、ぴたっと止まってしまいました。
駅前にあったホテルをみつけ、一泊しましたが、次の日もあずさは動かず、東京まで出て、新幹線の長野周りで塩尻まで出た後、車を1時間運転して、やっと駒ケ根までもどってきました。

よくしたもので、そういう時に限って何十年も読んだことのない小説を持ち歩いていたので二日間読書三昧でした。
読んだ本が白山三郎の
「無所属の時間を生きる」
でした。
どこにも所属しない人生こそ、何が大切なのか、今どのようにいきたら良いのかが逆にわかるという趣旨だったとおもいます。

私も「無所属の時間」を経て、現在は「駒ヶ根高原レディスクリニック」に所属していますが、本当にそのとうりだとうなずきながら、読みふけりました。

空白の二日間は、もじどうり、「無所属の時間」でありました。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

スタッフの日常…

みなさん!!こんにちは(・o・)
助産師の中村です。
今日は仲の良い病院スタッフ&事務さんで勉強会をしました。

DSCF2012

赤ちゃんの姿勢についての勉強会の様子です。
赤ちゃんと日々接していると私たちも扱いが慣れてきますが、もう一度初心に帰り、赤ちゃんの抱き方や授乳姿勢の介助等
見直してみました。

 

DSCF2013

これは接遇のお勉強です。
医療というのもひとつのサービスです。日頃から患者様の立場にたち、関わっていけるよう気をつけています。
が…なかなか難しいものです。
写真はロールプレイング中の久保田助産師、今村助産師、松尾助産師です(^-^)

スタッフも一生懸命勉強していますが、まだまだ至らない点ばかりです。
今後も頑張って続けていきますので、あたたかく見守って下さいね。

まだまだ暑い日が続きますが、皆さん“夏バテ”“熱中症”にはくれぐれも気をつけてくださいね☆

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン
駒ヶ根高原レディースクリニック オフィシャルサイト
駒ヶ根高原という、2つのアルプスに囲まれた自然あふれるすこやかな環境で、産婦人科から女性内科まで、女性の生涯の健康増進を目指しています。

フィード