本文へジャンプ
アーカイブス Archives

2010 11月

整然と掃除された駐車場

DSC02896みなさん、こんにちは。
駒ヶ根高原レディスクリニックです。

いよいよ秋も終りです。
駐車場の落葉掃きを毎日おこなっていますが、かなり根性がいります。
落葉の真っ盛りの時期は、掃いてもう終わりと思って後ろをふりかえったら、はじめにもどっていたとか、掃くとき新しい竹箒は古い箒の3倍の効率ではけるとか、色々の学びがありました。
朝、皆様を新鮮な気持ちでお迎えできたらと皆でおこなってきました。

庭はきも、冬の訪れとともに終わりです

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

「葉ボタンサンタ」が皆様をお迎えします。

CIMG0003みなさん、こんにちは。
だんだん寒くなりました。
「駒ヶ根高原レディスクリニック」も冬支度をはじめました。
クリニックの庭にかわいいサンタクロースが仲間に加わりました。
CIMG0004「葉ボタンサンタ」です。
寒い冬の朝、受診される皆様の心がほっと暖かくなる様なかわいらしいサンタです。
スタッフ同様、よろしくお願い申し上げます。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

行く秋を惜しむ

 駒ヶ根高原の中に静かにたたずむ当クリニックの周辺は、晩秋をむかへ紅葉もいよいよ終わりを迎えようとしています。夏の終わりに緑の葉の先が紅く色ずいているのに気がついたと思ううちに、燃えるように赤くなり、毎日紅葉を楽しませてもらっておりました。自宅の近くのあるホテルに一本のもみじがあるのですが、その紅葉の見事なことといったら。数日出張で留守をする朝、一枚の写真をとらせていただきました。自分が帰って来たときは、もうこの光景を目にすることはできないだろうと思ったからです。

菅の台の一年、春、夏、秋は過ぎて厳しい冬を迎えようとしています。自然に囲まれた毎日をなつかしく思いだし自然に感謝しながら、また来年の春の訪れを静かに待ちたいとおもいます。いつもおじゃまさせていただいていた大沼湖のほとりのレストランも、ひっそりとドアをしめ、来年の春を待つ準備をはじめました。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

当院女性内科のご紹介

ここ駒ヶ根高原菅の台は、紅葉の真っ盛りです。
連日山登りの皆さんでおお賑わいです。
クリニックを開設させていただき、半年になります。
当院で生まれたお子様もたくさんおられるようになりましたが、女性内科を訪れる方もだんだんと増えてきました。

皆さんが口をそろえておっしゃることは、
「女性を専門に診てくれるところがなかった、自分の体調のことがどういうことなのかわからず、だれに相談して良いかわからなかった。夫にいうとそんなことをといわれ叱られるので言えなかった。」
など様々な声が聞かれます。
「病は気から」といいますが、ご自分の体調の悪さを気兼ねなく相談できる医師が必要と感じます。
時には嫁、姑の関係の相談にも御のりしています。
なぜかというと、高齢のお年寄りの面倒を嫁として世話をされるのは、気も体力も使い、かなりのストレスになるからです。
中医学的にもうしますと、「気、血、津液」を使い、「陰陽」のバランスがくずれ、五臓六腑に影響がでて、治療が必要になります。時には、お話をお聞きするだけのこともあります。

おいでになられる皆様は、患者様と医師が女性同士ですので、気軽にお話できるようです。
もっとも私達女医二人は一般内科をおこなっていますので、男性の診療もさせていただいております。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン
駒ヶ根高原レディースクリニック オフィシャルサイト
駒ヶ根高原という、2つのアルプスに囲まれた自然あふれるすこやかな環境で、産婦人科から女性内科まで、女性の生涯の健康増進を目指しています。

フィード