本文へジャンプ
アーカイブス Archives

2010 9月

部屋にかわいらしいブリザードを

DSC00285みなさん、こんにちは。

知り合いに、花道に通じブリザードを作る専門の女性がおられます。
お願いしてクリニックの各部屋に飾ることにしました。
お産をおえて部屋へ帰ってこられるお母様がたの疲れをすこしでも癒していただきたいと思ったからです。
一つ一つ工夫をこらしたかわいいブリザードをおくっていただきました。
明日からお母様方のお部屋におめみえです。

お母様方がお部屋を開けたとき、これらのやさしいブリザードがお迎えいたします。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

柚香菊と松ぼっくり

DSC00233DSC00231みなさん、こんにちは。

先日の日曜日、湖畔の周りを散歩しました。
清楚な白い花をみつけました。
そそと咲いていて、マーガレットのような白い花をつけています。
直径1.5センチほどで愛らしい花です。
近くの方に名前をおしえていただきました。
「柚香菊、ゆうがぎく」と言うそうです。
柚のかおりがするそうです。
見上げると、かわいらしい松ぼっくりが松の木にたくさんついていて、駒ヶ根高原レディスクリニックのマークそっくりです。
いずれもかわいらしい秋の風物でした。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

CS(顧客満足)について

医療、福祉の世界においては「質」という言葉がよくつかわれるのですが、これは実に様々な要素からの検討が必要です。
「CS(顧客満足)」という言葉は、主にはビジネスの世界に属するのでしょうが、
よく考えると医療、福祉の世界も「質」のなかに顧客満足度を大切にする関わりを考えなければなりません。
「顧客満足」はどのように実践できるのか。
それは難しいことであり、またさほど難しいことではない一面もあるとおもいます。
要は、いつも相手のことを考える、思いやる、「こうしておいてあげれば、あの人は助かるはず。」と思って労をおしまないことです。
「面目にやっているんだけれど、相手にとってどうもいまいち、もうちょっとこうしておいてくれれば、すばらしい仕事だ。」ということがしばしばあります。
むずかしいのは、真面目に一生けん命やった本人が、満足感と同時に「もうちょっと」をどのように気ずくかということでしょうか。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

鍼灸外来の報告

みなさんこんにちは。

当院の女性内科では、女性の不定愁訴を漢方や鍼灸で治療しています。
来られる方の愁訴は、「冷え、凍えるような冷え、肩こり、ほてり、耳鳴り、腰痛」など様々です。
予約でお受けしており、一人治療時間は、30分から1時間くらいです。
外来がはじまり、こちらもビックリするような効果の出ておられる方が何人もおいでになります。
上記のような症状は何年の前からで、検査をしても「異常」と診断されないので、治療を受けられなかったり、治療法がなかったりして、長年放置されている方がほとんどです。

何年も前に頸椎捻挫をし、そのあと肩こりがひどくもう治らないと思っていた方が、数回の治療で非常によくなったり、真夏でもオーバーを着込んでおられる方が普通の洋服が着られるようになっておられます。

また、年をとると「のみこみ」が悪くなりむせがでてきますが、その治療も鍼灸でおこなっています。食欲不振も鍼治療で治ることも多いです。

ただし、効果には個人差があります。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

おすすめの本④

 今日ご紹介する本は、こぐま社から出版されている、わかやまけん著”しろくまちゃんのほっとけーき”です。

 こぐまちゃんシリーズのなかの一つで、ストーリーはホットケーキをやいて食べるというものですが、うちの息子は大喜びです。ホットケーキがやけると大声で”こぐまちゃーん、ほっとけーきつくったわよ”というセリフを読みます。例の如くせがまれるので繰り返し繰り返し読むのですが、こぐまちゃんを呼ぶその姿がかわいくて、こちらから何度も読んであげたくなってしまいます。

 

 ただ作って食べるのではなく、お友達を呼んで一緒に食べる、おいしいものはみんなで一緒に食べて喜びを分かち合うといった内容が、すごく気に入っています。是非読んであげてください。

 

しろくまちゃんのほっとけーき

 

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン
駒ヶ根高原レディースクリニック オフィシャルサイト
駒ヶ根高原という、2つのアルプスに囲まれた自然あふれるすこやかな環境で、産婦人科から女性内科まで、女性の生涯の健康増進を目指しています。

フィード