本文へジャンプ
アーカイブス Archives

2009 11月

aromatherapy:アロマテラピー

駒ヶ根高原レディスクリニック、助産師の山田です。
すっかり寒くなり、駒ヶ根では先週、初雪がみられ、山々の頂上も雪の帽子をかぶるようになりました。

今日は、アロマテラピーについて少しみなさまにお伝えしたいと思います。
まず、アロマテラピーって何なのか、というところです。
最近はアロマも一般的に聞かれるようになり、皆さん漠然と知ってらっしゃるかと思います。

IMGP0433aromatherapyとは、aroma(=芳香)とtherapy(=療法)をくっつけた造語です。
つまり、香りをかいだり、マッサージなどを行って、含まれる成分を身体に取り込むことにより、身体症状の改善や心のリラックスを図るものです。

私自身がアロマテラピーを積極的に生活に取り込むようになったのは、子どもを妊娠したころからでした。
それまで、3交代の勤務をしていたせいか、ぐっすり眠りれなかったり、
寝付きが悪かったりと、自分の睡眠状況の改善のためにアロマを使う程度で、積極的というほどではありませんでした。
出産に向けて、安産になることは何でもやろう!!と心に決め、
食生活の改善や毎日2~3時間の散歩、マタニティヨガなどをしていましたが、
そのときにお世話になったのがアロマテラピーでした。

妊娠線予防をしたり、安産になるためのオイルを作ってマッサージしたり、
出産時にも陣痛促進のオイルを使用して、
見事に安産でした☆

 

出産後も、虫よけスプレーや自分や夫のマッサージ、バスボム(入浴剤)を作ったりと
積極的に生活の中に取り入れています。

アロマテラピーの良さを皆さんにすこしでも知っていただきたいと思い、
アロマの資格も取得しました。
ご希望のかたには
今後クリニックでも教室という形で皆さんにお伝えできればと思っています。
たくさんのいい香りに囲まれて、
皆さんと一緒に楽しいマタニティライフの一部を
お手伝いさせていただければうれしいです!!

  1. かわいく、あたたかいイメージのHP、
    先生方の、女性に寄り添っていく考え方や、
    個々を大事にしたお産、そしてアロマなどなど
    いろいろイメージが膨らんで
    開業されるのが とても楽しみです。

    準備、頑張ってくださいね。
    応援しています!!

    2009年12月2日 | はるたろう
  2. はるたろうさん、コメントありがとうございました!
    ご期待にお応えできるよう精いっぱいがんばりたいと思っています。
    またホームページに遊びに来てくださいね☆

    2009年12月2日 | 駒ヶ根高原レディスクリニック
※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

山田 思鶴より

皆様こんにちは。
駒ヶ根高原レディスクリニックの女性内科を担当させていただく山田思鶴です。
私は東洋医学も用いて、女性の鍼灸師さんといっしょに皆様の健康管理にあたらせていただきます。
更年期障害もそのひとつですが、世の中には不定愁訴をおもちの方々がなんと多いことか。
冷え性、ほてり、自汗、肩こり、イライラ、食欲不振などなど・・・。
そんな相談にのらせていただき、治療をさせていただきます。

またクリニック内で、肩こり、腰痛予防も含め、気功、経絡運動教室を開催していきます。
運動教室の日程、プログラム内容を後日お知らせいたします。

西洋医学ももちろん大切なのですが、西洋医学では病気でない、
検査で異常がみつからないと言われてもやっぱり具合が悪い、
という方はどうぞ、ご相談ください。

また当院では、女性に特有な「骨粗鬆症」の外来をもうけます。
年をとっていくと、骨粗鬆症が引き金となり、腰痛、骨折が多くなり、
「とじこもり」やひいては「寝たきり」の状態になってしまうことにもなりかねません。
進行予防がいかに大切なことか。

当院は女性の皆様と
「健康でいきいきと暮らせる女性のためのクリニック」
としてお役にたっていきたいと思っております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

山田 雅人より

医療法人ゆりかご理事長、駒ヶ根高原レディスクリニック院長の山田雅人です。
来年6月1日よりクリニックを開院させていただきます。

産婦人科医師となり30数年たちますが、これまでに1万件のお産をしてまいりました。
最初にとりあげた子供さんは、もう立派なお父さん、お母さんになっておいでです。
町で、子供の手を引いた方から
「先生、わたしは先生にとりあげていただきましたよ。」
と声をかけていただくと、自分も随分と長くお産をしてきたんだなぁ、とつくずく感じます。

縁あって、駒ヶ根で産婦人科医院を開きます。
お産で一番大切なのは、
「安心・安全・心使い」なんだと思います。
昭和伊南総合病院、伊那中央病院、地域の開業の先生方と良い連携のなかで、
お産にかかわっていきたいと考えております。

クリニックは、駒ヶ根高原の雄大な自然に包まれています。
ここでのお産が、生まれてくるお子さんやご家族に思い出の場、
心あたたまる場にしたいと思っております。
地域の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

LDR分娩って知っていますか?

みなさん、こんにちは!!
駒ヶ根高原レディスクリニック、助産師の山田です。

今日は、当院でどんなお産ができるのか、みなさまにお伝えしたいと思います。
当院では、みなさまにLDRでのお産をしていただきたいと思っています。

「・・・・LDRって何?」

と思った方も多いかと思います。

 

LDRとは、L=Labor(陣痛) D=Delivery(分娩) R=Recovery(回復室)の
頭文字をとっています。
今まで陣痛室、分娩室と別々だったお部屋をひとつにして、
陣痛がピークに達してから、陣痛室から分娩室へ移動する必要がありません。
また、お部屋の雰囲気も病院というイメージではなく、自宅の一室のような雰囲気で、
リラックスして過ごすことができます。
個室なので、周りの方に気兼ねすることなく、家族と一緒に陣痛の間を過ごすごすことができ、
そのまま立会い出産をすることが可能です。

 

お産は病気ではなく、女性にとって自然なこと。
そのスタイルも、やはり家庭的な雰囲気の中で、家族といっしょにお産をしてほしいという願いから、
このような分娩スタイルをとらせていただくことになりました。

 

これは余談ですが、
実際に私もLDRでの出産をしましたが、夫とずっと一緒に陣痛を乗り越えられ、
そのまま立ち会ってもらい、家族が見守る中で、子どもの体重を測ってもらったりと
私だけでなく、家族みんなが満足できるお産となりましたよ。

 

ご本人様だけでなく、ご家族もいっしょに楽しいお産をしましょう!
みなさまからのご連絡をお待ちしております☆

※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン

駒ヶ根高原レディスクリニック

駒ヶ根高原レディスクリニックは美しい大自然に囲まれています。
きれいな空気、おいしいアルプスのお水、千畳敷を望む豊かな緑。
健康的な最高の環境で帰省分娩をしませんか?
女性特有の病気の事も気軽に相談できる女医さんを始め、様々な分野の専門スタッフがクリニック運営に携わり、整った環境で充実した医療を提供して参ります。
是非、お気軽に何でもお問い合わせください☆

分娩予約:2010年5月まで:090-2660-6161
      2010年6月開業以降:0265-82-1010

URL:http://www.kklc.jp/
E-mail:info@kklc.jp

  1. 素敵なブログですね

    是非、応援しています。

    2009年11月30日 | しょうた
※必須
※必須 (アドレスは公開されません)
アイコン
駒ヶ根高原レディースクリニック オフィシャルサイト
駒ヶ根高原という、2つのアルプスに囲まれた自然あふれるすこやかな環境で、産婦人科から女性内科まで、女性の生涯の健康増進を目指しています。

フィード